住宅へのこだわり、マンションと一戸建ての違い

住宅ガイドブック

住宅

kouzou

住宅とは、人が家族と生活を共にする環境で、衣食住という基本的な習慣をおくる空間です。

その他の建築物も、人間の生活に必要な空間とされています。
しかしその中でも住宅とは、人が生きるための習慣をおくるためになくてはならないものです。

構造

住宅の構造とは周辺環境、敷地の広さ、高低差、地耐力、建築の規模やデザインに合ったものを選ぶ必要があります。
住宅の構造の種類は、大きくわけ4つからなり、それぞれにメリットやデメリット、かかるコストが異なっています。

1つ目の種類として、木造があります。
日本では、古くからこの構造が取り入れられていて、木のあたたかみや香りにより精神的な安定ももたらされるといわれています。
また、木材はコンクリートに比べても軽く、建物自体の重さを抑えることができ地盤への負担を軽減させることができます。
木とは加工がしやすくデザイン性も幅を広げることが可能となります。
しかし防腐、防蟻、防湿の対策を徹底する必要が高いことと、火災に弱いというデメリットも存在しています。

2つ目の種類に鉄骨造があげられます。
これは、柱や梁といった主要構造部分に鋼材を使った建物です。
鋼材の種類によっても名称に違いがあります。
軽量形鋼の場合、軽量鉄骨造と呼び主に専用住宅などに使用されます。
重量形鋼の場合、重量鉄骨造と呼び中層の商業ビル、集合・併用住宅に使用されています。
鋼材のメリットは、強度が強く工業製品のため品質が高く安定していることです。
しかし、火熱や錆に弱いため防錆や耐火被覆が必要となります。

3つ目の種類に、鉄筋コンクリート造があります。
これは、圧縮力に強いコンクリートと引張力に強い鉄筋を組み合わせた構造です。
耐震性、耐火性、耐久性が高く自由な設計が叶うものです。
しかし、重量が大きいため支持地盤の耐力が必要となります。
鉄筋コンクリート造とは、コンクリートの強度によっても建物自体の強さが変化してきます。
そのため、使用する材料の質により施行管理を厳しく行なっておかなければいけません。

4つ目の種類に、補強コンクリートブロック造があります。
これは、工場生産によるコンクリートブロックを使い、空洞部に補強のための鉄筋を入れ補強しながら積み上げて、壁面を構成する工法です。
工期が短いことが特徴であり、空洞部が多いことで断熱性に優れています。
しかし、プランやデザイン形状の自由さがすくないといわれています。
これは、構造的な制約が多いためでもあるのです。

選択肢

sentakusi

住宅とは、生活に取り入れる方法として購入、賃貸といった選択肢があります。

一戸建てや、今後長く利用するであろうと予想できるものに関しては、購入する選択を行なっている方が大半とされています。
しかし、マンションで一人暮らしを行うなど、期間限定で活用する際には賃貸サービスを活用する必要が高まります。

購入するという選択で、資産運用としても利用することができるため、取り入れ方次第で活用方法の幅が広くも狭くも変化します。

News/ニュース

2014/07/30
デザイン住宅とはを更新しました
2013/10/15
一戸建てを更新しました
2014/04/04
改装を更新しました
2013/10/15
マンションを更新しました